fc2ブログ
2012.10.1914:52

出生前診断② ~具体的には何が該当するの?~

あこんにちわ あぽふぃらいと です

早速ですが2回目やります

出生前診断をWikipediaで検索すると

出生前診断しゅっせいぜんしんだん、またはしゅっしょうぜんしんだん)とは、
胎児の異常の有無の判定を目的として、妊娠中に実施する一群の検査のこと
広義では文字通り「出産までに行う検査および診断」であり、
狭義では「異常が疑われる妊娠に対し出産前に行う検査および診断」を指す


と出てきます

では、具体的にどんな検査があるんでしょうか?
検査の名前と検査で判定されるものをあげていきます
出生前診断情報センターホームページより抜粋)

羊水検査  染色体の形や数の判定

絨毛採取 染色体の形や数の判定

母体血清マーカーテスト  タンパク質濃度を測定し、正常パターンとの比較を行う

ccfDNA検査(セルフリーDNA検査) ダウン症の検査

超音波検査

胎児心音測定

臍帯血検査

母体血中胎児細胞検査

だそうです

私が経験したのは超音波と胎児心音測定

考えてみれば、エコーって何気なくやってるけど
四肢欠損や奇形など発見できますから、立派な『出生前診断』ですよね
ただ一般の人がエコー見てても何が何だかわからない
(うちのチビズの時は画像が白黒&2Dだったのでサッパリ)
先生に『この子股間全開だね~。顔は隠してるのに…』と言われ笑っていられましたが…
何も異常がなかったから無駄話できたんだなぁ

今は3Dエコーがあるので、『コレは○○です』って言われて、わかるらしいです
(コッチは未経験なので又聞き情報です)

心音測定はその名の通り胎児の心音が聞こえます
『シュゴーシュゴー』って聴こえたうちの旦那さん
先生の前で「あ~。ダースベーダーがいるみたい」と言い放ちまして…
次の検診で胎児に”ちびっ子ベーダー”とあだ名が付けられていた…呆れた思い出しか出てこないな…

上記で書いた検査(私が受けたもの以外)を告げられるのは「高齢出産」だったり
「胎児に異常があるかも」の所見があった時に
実施される事が多い項目なので、
一般の方が『こんな検査あるけど、やってみる?』とは言われません
確率は低いですが流産のリスクがあるものもありますしね


今回、メディアが報じている
『ダウン症が99%の確率でわかる出生前診断』
母体血中胎児細胞検査の事です

次回は母体血中胎児細胞検査を書いていきます

頑張って勉強しまっしゅ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あぽふぃらいと

Author:あぽふぃらいと
ようこそ、いらっしゃいませ

日々あった出来事や
心のしっぽを掴まれた
でっかい事からちっこい事まで
のんびり、まったり書いていきます

今日のネタはな~にかな?^^

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる